プロフィール

はじめまして!

バスケのコーチをしているタカハシユウスケ(高橋優輔)です。

このプロフィールでは、なぜバスケのコーチをしているかについて知ってほしいと思います。

「バスケのコーチをしてる理由」

・人は身を置く環境によって受ける影響が大きいため、バスケを上手くなりたいと思っている人に良い環境をつくりたい

↑なぜか?

・バスケが上手くなるための専門的な情報やアドバイスがもっと身近でもらえたら、もっと違ったのでは

↑そう思った具体的なストーリー

・高校の部活では3年間ベンチだった

・ミニバスは市内大会で100対2で負けるような弱小チーム

高校時代の悩み

・個人練習をして上手くなりたいけど、何をどう練習したらいいかわからない。

・監督が絶対で質問できるような存在でないから、アドバイスをくれる人が身近にいない。

・もっと試合を経験して学ぶチャンスがほしかった。

悩んでいた時のネガティブな感情をよく覚えている

・悔しさ

・焦り

・苛立ち

自分がした解決方法

・ひたすら自分で考えた

・周りのプレーヤーのことをよく観察した

・先輩に聞く、真似をする

↑それでも自分は結果が出せなかった。だから、

・専門的な知識や新しい情報で指導してくれる指導者がいる

・同じような志をもった人が集まって助け合える

・チャンスが与えられる

ような環境をつくりたい。

自分と同じような悩みを抱えている人の助けになるため指導者を目指す

・新卒で日本一のスポーツスクール会員数を誇るリーフラス株式会社に入社

・コーチとはなにか?ということに疑問を抱き2年で退社→1年間無職で自分探しをする

・ご縁があり滋賀でバスケを仕事にすることに

・BリーグのB1に所属するプロバスケットボールチーム、滋賀レイクスターズで1年間スクールコーチを務める

・2019年4月から株式会社Sventh Generation Projectのバスケスクール「SG-Academy」のコーチに

SG-Academyとは?

・滋賀県大津市を拠点とする3人制プロバスケチーム「NINJA AIRS.EXE」の共同オーナーである株式会社Sventh Generation Projectのスクール事業

・3人制バスケ3×3の特徴を生かした個人スキルアップを目指す

・バスケをしながらライフスキルトレーニングも行い社会を生き抜く力を身につける

コーチをしながら個人として叶えたいこと

・バスケを楽しみたい人が思う存分楽しめる環境をつくりたい

・人とのつながりが生まれる場をつくりたい

・自分がバスケを楽しみたい